Processingに独自のモードを追加する方法でどういうファイルが必要でどう実装するのかを調べたんだけど、手動でインストールさせるのはハードルが高いので、PDEのエディタ上の「モードの追加…」に表示させて追加できるようにするための方法を調べてみた。

どこからリストを取ってきているかというと http://download.processing.org/contribs で、そのURLはソースのLISTING_URLに定義されている。

どういう内容で記述するか、Python Modeを例に見ると

mode
minRevision=246
name=Python Mode for Processing 3
maxRevision=0
sentence=Write Processing sketches in Python.
url=https://github.com/jdf/processing.py
prettyVersion=Build 3017, built 2016/05/22 22:59
paragraph=
version=3017
authors=[Jonathan Feinberg](http://MrFeinberg.com/)
download=http://py.processing.org/3/PythonMode.zip
type=mode
id=169
categories=

となっていて、成果物はzipファイルで作ればよいらしい。

zipの内容は、

PythonMode
├── LICENSE.txt
├── application
│   ├── macosx
│   │   ├── Info.plist.tmpl
│   │   ├── dialogs.applescript
│   │   ├── findjava
│   │   └── sketch.icns
│   └── windows
│       └── sketch.ico
├── examples
│   ├── ...
├── formatter
│   ├── ...
├── keywords.txt
├── mode
│   ├── LICENSE.jython
│   ├── PythonMode.jar
│   ├── guava-17.0.jar
│   └── jython.jar
├── mode.properties
├── src.zip
└── theme
    ├── buttons-2x.png
    ├── buttons.png
    ├── mode-2x.png
    ├── mode.png
    └── splash.png

となっていて、ドキュメントのProcessing/modes/以下に入れる内容そのままになっている。

で、肝心のcontribsファイルはどこで管理されているかというのはよくわからなかった。processing-web-archiveリポジトリのcontributions.txtというファイルがそれっぽいけど、最終更新が2014年6月とかなので、違うところで管理されてる気がする。

これは直接聞くしかないか…。