住所、または名称から緯度や経度を取得するジオコーディングのAPI、Google ジオコーディングウェブサービスを使ってみた。

http://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/(xml|json)?sensor=false&address=調べたい住所または名称

というURLにアクセスすると、結果がXMLまたはJSONで返ってくる。

例:http://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/json?sensor=false&address=東京スカイツリー

結果が英語になってしまう場合には、「&language=ja」を指定する。

addressパラメータの代わりに、latlngで緯度経度を与えることで、逆ジオコーディングもできる。

アプリ登録とか利用制限とかなしで使えて便利。