実際の仕事において、平均、中央値、標準偏差とヒストグラム、相関、単回帰分析を活かす方法について書かれている。

また、”仮説”アプローチについて書かれている。自分の中で仮説を立て、それを実証するために分析を行うというプロセスだ。自分にはこういう考え方が全くかけていたので、とてもためになった。