仮想化環境の手始めとして、VagrantやDockerを触ってみる。

仮想化環境

Vagrantのインストール

Vagrantの使い方

  • Vagrantは仮想化環境(VirtualBoxなど)で動く環境をセットアップしてくれる
  • 本家サイトのGetting Startedを読むとよい
  • 元となる環境を box と呼ぶ
  • 新規のディレクトリを作り、その中で vagrant init ボックス名 で、設定ファイルである Vagrantfile が作られる
  • vagrant up で立ち上がる
    • VirtualBoxのGUIで見ると、新しいインスタンスが作られて起動していることがわかる
  • vagrant ssh で、起動しているインスタンスにsshで入れる
  • 設定を変更するには Vagrantfile を更新して、 vagrant reloadvagrant provision を実行

使えるコマンド

  • vagrant status : 状態の確認
  • vagrant box list : 取得済みのボックス一覧
  • vagrant ssh : 立ち上げているインスタンスにssh接続する

Docker

  • Vagrantで立ち上げた仮想環境上でDockerを動かすことにする
  • Dockerを使えるように Vagrantfile に設定を追加する
Vagrant.configure(2) do |config|
  ...
  config.vm.provision :docker
end

Dockerイメージのダウンロード

  • docker pull イメージ名
    • centos:centos6 など

Dockerのコンテナ上で実行

  • docker run centos:centos6 echo "hello world"

Dockerfileを作る

  • Dockerfile で自動化できる
  • docker build .Dockerfile に沿ったイメージ作成

使えるコマンド

  • docker images : イメージ一覧を見る
  • docker ps : 走っているコンテナを見る
    • 終了したコンテナも見るには -a
  • docker attach --sig-proxy=false コンテナID : 実行中のコンテナにアタッチ
  • docker run -i -t centos:centos6 /bin/bash : インタラクティブモード、ターミナル立ち上げ

.