反応拡散系で遊んでみた。

Coding Challenge #13: Reaction Diffusion Algorithm in p5.js - YouTube:

を元に実装してみた。

反応拡散系のシミュレーション

Reaction-Diffusion Tutorialが非常にわかりやすい:

  • AとBの2つの化学物質がある
  • Aは率で増えていく
    • ただしAが増えすぎると餌が減る
  • 反応: 2つのBは1つのAを食料として、1つのBに変換する
  • Bは率で死んでいく
  • 拡散: AはBよりも拡散速度が速い

これをグリッド単位でシミュレート:

  • ラプラシアンが拡散、( が係数)
  • がフィード係数
  • がキル係数
  • で、A1つとB2つが出合う率、をAから引き、Bに足す

実行

単独で開く

色んなパターンがあって面白い。

参考

  • キリン柄の作り方がよくわからない…