3Dのゲームが簡単に、しかもマルチプラットフォーム用に作れるという噂のUnity3Dを試してみる。

ずっと前に買ってそのままにしていた本

を参考に。

  • Unityのページにアクセス
  • ダウンロードしてインストール(バージョンは4.0だった)
  • 起動してライセンスを選ぶ、とりあえずフリーのバージョン “Activate the free version of Unity” を選ぶ
  • アカウントを登録

滞りなく動いた

  • デモのAngryBotsすげーよくできてる
  • 2章(シーンにオブジェクトを追加して、剛体として設定、キー入力で動かす)できた
  • シーンエディタってエディタのカメラを移動・回転させるのをどうやるのかとか、最初なかなかとっつきづらい。わかってしまえば問題ないんだけど。
  • JavaScriptで動作を制御できるなんて便利だな
  • Buildもできた
  • 3章を見て、iPhoneやAndroid用にビルドするには別途ライセンス登録が必要($400)

Unityで一週間で全方位シューティングを作ってみた - Nao_uの日記 1週間でこんなの作れるのか〜凄すぎ